Blog

「加速するAI、加速する世界」第1回WBAシンポジウム受付開始

昨今の人工知能分野の進展は著しいものがあり,日本国内においても本日に三省の連携による「第1回次世代の人工知能技術に関する合同シンポジウム」が開催されるなど研究開発の体制が整いつつ有ります.

一方で,全脳アーキテクチャ・アプローチ(「脳全体のアーキテクチャに学び人間のような汎用人工知能を創る(工学)」)による研究開発を,多角的に支援する組織として,私達NPO法人全脳アーキテクチャ・イニシアティブは2015年8月に創設され,勉強会やハッカソンなどの開催を行なってきています.

さらに全脳アーキテクチャ・アプローチに関わる研究活動を支援するための,学習環境シミュレータ等の研究開発も進行中であり,今回はそうした活動の報告などを含めて加速するAI,加速する世界」と銘打ったシンポジウムを開催させていただきます.
開催は5月18日(水)13:30-17:10にパナソニック東京センター@有明(東京)での開催となりますので,こちらから参加申し込みおよび詳細の確認をいただき,奮ってご参加下さい.

さらに,同日夜(18:10〜21:00)に連続開催にて第14回全脳アーキテクチャ勉強会を「深層学習を越える新皮質計算モデルをテーマとして松田卓也(NPO法人あいんしゅたいん)先生,谷藤学(理研BSI)先生をお招きした勉強会を企画しておりますので,合わせてご参加を検討いただければと存じます.

WBAI0423-07-1

シンポジウム運営スタッフ

  • プログラム委員長 山川宏
  • 実行委員長    生島高裕
  • 会場担当     川村正春,上野聡
  • 広報担当     坂井美帆
  • 渉外担当     坂井美帆
  • 撮影担当     門前一馬
  • ポスター制作   門前一馬

お申込みはこちら

今後の主な活動

全脳アーキテクチャの実現に向けて、理念に賛同する支援者を募集しています。

『WBAIのミッションである長期的な人材育成と研究開発を行う組織を維持していくためには、早期に財務基盤を確立することが最優先課題です』

全脳アーキテクチャアプローチによる人間並みの汎用人工知能の実現に向けて、あなたのご支援を必要としています。