Blog

国際会議BICAにWBAIメンバーが参加しました。

全脳アーキテクチャー・イニシアティブは、フランスのリヨンで11月6日から8日の期間に開催された国際会議 BICA2015(Biologically Inspired Cognitive Architecture)に参加しました。

参加者は、山川宏(代表)、高橋恒一(理事)、栗原聡(会員・電通大)、大森隆司(会員・玉川大)、荒川直哉(会員・論文共同執筆者)、板谷琴音(論文共同執筆者)、さらに全脳ハッカソン初代チャンピオンチームの伊藤健史、加藤郁佳、浮田純平です(以下敬称略)。

bica2015-takahashi
会議では、高橋がBriCAの開発について、大森が対人インタラクションで重要となる他者モデルについてそれぞれ論文発表しました。前者発表論文についてはこちらからアクセス可能です。

また、学会の好意で全脳アーキテクチャーの特別ワークショップを企画していただき、来年のHuman-level AI 会議の議長となるTarek Besold氏を座長として山川、高橋が全脳アーキテクチャーの概要を説明し、伊藤がハッカソンの成果を発表したほか、Antonio Chella氏を司会としたパネルディスカッションにおいて人類の将来を握る汎用人工知能をオープンな国際協力で行うべきであることを訴えました。

bica2015-yamakawa

今回は全脳アーキテクチャ・イニシアティブの実質的な国際デビューとなりましたが、全般的に好意的に受け止められたようです。全脳アーキティクチャ・イニシアティブはBICA会議の筆頭ゴールドスポンサーでした。

 

参加会議について

Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

全脳アーキテクチャの実現に向けて、理念に賛同する支援者を募集しています。

『WBAIのミッションである長期的な人材育成と研究開発を行う組織を維持していくためには、早期に財務基盤を確立することが最優先課題です』

全脳アーキテクチャアプローチによる人間並みの汎用人工知能の実現に向けて、あなたのご支援を必要としています。