Blog

第12回全脳アーキテクチャ勉強会〜脳の学習アーキテクチャー〜の参加者募集を開始しました。

全脳アーキテクチャの構築においては,脳における多様な学習能力に対する理解にもとづいて,機械学習を結合して認知アーキテクチャとして実装する必要があります.
そこで今回の勉強会では計算論的神経科学の第一人者である銅谷賢治先生をお招きし「脳の学習アーキテクチャー」というタイトルでご講演いただき,引き続き,全脳アーキテクチャの関係者とともに神経科学を全脳アーキテクチャの研究開発にどう活かしてゆくかなどについてパネル討論を行います.

勉強会開催詳細

  • 日 時:2016年1月14日(木) 18:00~21:00 (開場: 17:30~)
  • 場 所:トヨタ自動車株式会社 東京本社 B1大会議室
  • 定 員:150名(定員に達し次第締め切らせて頂きます)
  • 参加費:無料
  • 申込方法:本イベントに参加登録のうえ,当日会場受付にてお名前またはチケットをご提示下さい。
  • 主 催:全脳アーキテクチャ・イニシアティブ

レポーターを募集しています

ドワンゴ人工知能研究所所長山川宏氏と共著にて本勉強会の報告書作成にご協力いただくレポーターを募集しております。報告書の分量は4000~7000字程度とし,ドワンゴ人工知能研究所のテクニカル・レポートとして発行する予定です。

満席の場合でも勉強会の協力参加者として出席できますので、ご協力をいただける方は参加申し込みページのお問い合わせよりご連絡ください。

ネット配信について

本勉強会は、ニコニコ生放送にて各講演者の講演と全体討論を配信予定です。
配信URLは当日までに参加申し込みページに追記される予定です。

講演スケジュール

18:00 – 18:10「オープニング」(ドワンゴ人工知能研究所 山川宏氏)

18:10 – 19:10「脳の学習アーキテクチャ」(沖縄科学技術大学院大学 銅谷賢治氏)

文字認識や画像識別など特定機能に関しては人間なみの人工知能が実現されるなか、様々な知識や予測を状況に応じて組み合わせる脳の制御と学習のアーキテクチャは未解明の大きな問題であり、その解明は次世代の人工知能開発にも大きく寄与することが期待される。
この講演では、
1)脳と人工知能
2)小脳、大脳基底核、海馬、大脳皮質の神経回路と学習機構
3)モジュール自己組織化と組み合わせ問題
4)脳のビッグデータと大規模計算のもたらすもの
などについて概説し、議論の種とする。

19:10 – 19:25 休憩

19:25 – 20:25頃 パネルディスカッション「神経科学と全脳アーキテクチャ(仮)」

こちらの概要については調整中のため、順次公開予定です。

パネリスト:
沖縄科学技術大学院大学 銅谷賢治氏,
産業技術総合研究所 人工知能研究センター 一杉裕志氏,
国立情報学研究所 市瀬龍太郎氏
モデレータ:
ドワンゴ人工知能研究所 山川宏氏

21:00 – 23:00 懇親会(自由参加)

会場近辺のお店で、有志による懇親会を行います。
こちらの概要については調整中のため、順次公開予定です。

参加のお申込みはこちら

参加のお申込みは下記で受け付けています。

Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

全脳アーキテクチャの実現に向けて、理念に賛同する支援者を募集しています。

『WBAIのミッションである長期的な人材育成と研究開発を行う組織を維持していくためには、早期に財務基盤を確立することが最優先課題です』

全脳アーキテクチャアプローチによる人間並みの汎用人工知能の実現に向けて、あなたのご支援を必要としています。