WBAIからのお知らせ

全脳アーキテクチャ・アプローチにより人間のような汎用人工知能を実現する見通し

はじめに ここ数年、人工知能の性能向上やその社会への影響についてさまざまなメディアで広く取り上げられるようになってきています。しかし現状の人工知能はまだ人間のような存在ではありません。現在の人工知能は、意識や自我を持たな […]

第16回全脳アーキテクチャ勉強会 「人工知能は意味をどう獲得するのか」報告レポート

本記事は、2016年10月12日(水) にリクルートテクノロジーアカデミーホールにて開催されました、第16回全脳アーキテクチャ勉強会「人工知能は意味をどう獲得するのか」の報 告書です。開催概要については下記のリンクをご覧 […]

第17回 全脳アーキテクチャ勉強会を開催しました #wba17

言語機能が脳内で局在化されていることは脳科学の黎明期から分かっていました。ブローカが発話に関与する脳内領域が左半球前頭葉弁蓋部に存在することを発表したのは19世紀中庸です。カハールが細胞染色によって脳が神経細胞からできて […]

2017年の幕開けにあたって

皆さま、あけましておめでとうございます。 NPO法人全脳アーキテクチャ・イニシアティブ(WBAI)より、新年のご挨拶を申し上げます。 私たちは、2015年8月に「脳全体のアーキテクチャに学び人のような汎用人工知能を創る […]

人工知能学会創立30周年記念事業「みんなで作る認知アーキテクチャ」ハッカソンの結果報告

本年の第2回全脳アーキテクチャ・ハッカソンは(2016年10月8日〜10日)に人工知能学会汎用人工知能研究会との共催により11チームの参加により実施されました(ビデオ)。 この中から4チームが約一ヶ月後の11月11日に人 […]

第2回全脳アーキテクチャ・ハッカソン「みんなで作る認知アーキテクチャ」開催案内

世界では、汎用人工知能の研究開発レースが始まっています。汎用人工知能を脳に学ぶ意義の1つに、高度な自律性があります。ここでいう自律的とは、周囲の環境や状況を認識し、効率的に意思決定し、行動を起こすという「認知=行動サイク […]