差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
最新リビジョン 両方とも次のリビジョン
全脳モデル:前頭葉 [2017/04/03 21:58]
n.arakawa
全脳モデル:前頭葉 [2017/04/03 22:09]
n.arakawa
ライン 8: ライン 8:
 特に内側の部分は報酬(快・不快)との関係で運動や状況、計画などの評価に関与するとされます。 特に内側の部分は報酬(快・不快)との関係で運動や状況、計画などの評価に関与するとされます。
 === モデル === === モデル ===
-[[全脳モデル:​大脳皮質]]で書いた「共通の機能」がここでも当てはまるはずですが、前頭葉の機能全体と「共通の機能」モデルを統合するような理論はまだありません。\\ ​+[[全脳モデル:​大脳皮質]]の項で書いた「共通の機能」がここでも当てはまるはずですが、前頭葉の機能全体と「共通の機能」モデルを統合するような理論はまだありません。\\ ​
 古典的なモデルとしては、Go-NoGo制御を基底核での強化学習に担わせる前頭前野皮質基底核作業記憶モデル(PBWM:[[http://​psych.colorado.edu/​~oreilly/​papers/​OReillyFrank06_pbwm.pdf|英語論文]])がありますが、前頭皮質の構造には焦点を当てていません。 古典的なモデルとしては、Go-NoGo制御を基底核での強化学習に担わせる前頭前野皮質基底核作業記憶モデル(PBWM:[[http://​psych.colorado.edu/​~oreilly/​papers/​OReillyFrank06_pbwm.pdf|英語論文]])がありますが、前頭皮質の構造には焦点を当てていません。