差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
最新リビジョン 両方とも次のリビジョン
全脳参照アーキテクチャ [2016/11/09 14:34]
n.arakawa
全脳参照アーキテクチャ [2016/11/09 14:35]
n.arakawa
ライン 1: ライン 1:
 ==== 全脳参照アーキテクチャ(WBRA:​ Whole Brain Reference Architecture)==== ==== 全脳参照アーキテクチャ(WBRA:​ Whole Brain Reference Architecture)====
-「WBRA (Whole Brain Reference Architecture) 全脳参照アーキテクチャ」は、脳型情報処理研究の基盤となる全脳アーキテクチャの[[https://​ja.wikipedia.org/​wiki/​参照モデル|参照モデル]]です。+「WBRA (Whole Brain Reference Architecture) 全脳参照アーキテクチャ」は、脳型情報処理研究の基盤となる全脳アーキテクチャの[[https://​ja.wikipedia.org/​wiki/​参照モデル|参照モデル]]です。
 WBRAはコネクトームなどを利用してつくられる静的な構成情報で、プログラムとして動作するものではありません。 WBRAはコネクトームなどを利用してつくられる静的な構成情報で、プログラムとして動作するものではありません。
 しかし、これを参考として構成要素(参照: [[https://​github.com/​wbap/​WBA_jp/​wiki/​%E8%84%B3%E5%99%A8%E5%AE%98%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88|脳器官リスト]]) しかし、これを参考として構成要素(参照: [[https://​github.com/​wbap/​WBA_jp/​wiki/​%E8%84%B3%E5%99%A8%E5%AE%98%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88|脳器官リスト]])