差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
全脳参照アーキテクチャ [2015/11/03 00:15]
kawamura ToDo checked: どなたか全脳参照アーキテクチャについて加筆して下さい。
全脳参照アーキテクチャ [2018/08/31 11:44] (現在)
n.arakawa
ライン 1: ライン 1:
-==== 全脳参照アーキテクチャ(Whole Brain Reference Architecture)==== +==== 全脳参照アーキテクチャ(WBRA: Whole Brain Reference Architecture)==== 
-\\ +「WBRA (Whole Brain Reference Architecture) ​全脳参照アーキテクチャ」は、脳型情報処理研究の基盤となる全脳アーキテクチャの[[https://​ja.wikipedia.org/​wiki/​参照モデル|参照モデル]]です。 
-<todo #​kawamura:​2015-11-03>​どなたか全脳参照アーキテクチャ加筆してさい。</​todo>​+WBRAはコネクトームなどを利用してくられる静的な構成情報で、プログラムとし動作するものではありません。 
 +しかし、これを参考として構成要素(参照: [[https://​github.com/​wbap/​WBA_jp/​wiki/​%E8%84%B3%E5%99%A8%E5%AE%98%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88|脳器官リスト]]) 
 +機械学習に置き換えれば、WBAの完成形にたどりつけると想定しうる枠組です。 
 +なおWBRAには大雑把には脳全体のモジュール構成情報を網羅し、らに脳内だけでなく外界への入出力に結合してます。 
 +脳器官の種別としてはヒトに準拠しますが、すべての脳器官、部位を記述するわけではありません
  
-=== 参考 === +なお、[[ロードマップ]]では、当面齧歯類の認知機能を対象にすることになっているため、言語などに関する機能については言及していません。 ​  
-[[https://ja.wikipedia.org/​wiki/​参照モデル|参照モデル]]Wikipedia+接続関係についてはコネクトーム資料(下記 Virtual Brain など)を用いて検証していく予定です。 
 + 
 + 
 + 
 +参考文献: 
 +  * [[wbca|全脳コネクトームアーキテクチャ(WBCA)]] 
 +  * [[https://​grey.colorado.edu/​CompCogNeuro/​index.php/​CCNBook/​Main|The Cognitive Computational Neuroscience Book]] 
 +  * [[http://​ins.univ-amu.fr/​cross-cutting-research/​the-virtual-brain-project/​|The Virtual Brain Project | Institut de Neurosciences des Systèmes]] 
 +  * [[http://​www.frontiersin.org/​files/​cognitiveconsilience/​index.html|Cognitive Consilience(脳回路図)]] 
 +  * [[http://​afro.s268.xrea.com/​cgi-bin/​concept.cgi?​mode=text&​title=%94%5D|脳@檸檬―戯れ]] 
 +  ​* ​[[https://wba-initiative.org/​wiki/​en/​whole_brain_reference_architecture|Whole Brain Reference Architecture (WBRA)]](英語Wiki) 
 +  * [[https://​en.wikipedia.org/​wiki/​Reference_architecture|Reference Architecture]] (Wikipedia ​En)