理論に基づくニューロコンピューティング

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
理論に基づくニューロコンピューティング [2015/10/09 00:56]
ymkw
理論に基づくニューロコンピューティング [2015/11/03 16:37] (現在)
kawamura
行 1: 行 1:
 ====== 理論に基づくニューロコンピューティング ====== ====== 理論に基づくニューロコンピューティング ======
-理論に基づくニューロコンピューティング(Theory Guided Neuro Computing: TgNC)は既存のAIで未解決な要素的な技術課題を神経科学知見からヒントを得て解決しようとするもの.+**理論に基づくニューロコンピューティング (Theory Guided Neuro Computing: TgNC) **既存の AI で未解決な要素的な計算理論(認知機能)を神経科学知見からヒントを得て解決しようとする研究アプローチである。
  
-新しいイデァもありえが,そうでなくても個別モジュール/組合せ方(カリキュラム学習)のヒント. 少も,パラメータの組合どのヒントが得られることで,研究開発が加速する. +なお多の場合に、このプローチは脳全体に関わものいが、[[脳全体のモジュール構成情報]]をある意味で要素的技術的課題みなすなら、そをも[[理論に基づくニューロコンピューティング]]に含めるという見方もあ
- +
-必要に応じて[[脳器官モジュールの研究開発]]に利用され+
  
 +全く新しいアイデアもありえるが、そうでなくても個別モジュール/組合せ方([[カリキュラム学習]])のヒント、 少なくともパラメータの組合などのヒントが得られることで、研究開発が加速する。
  
 +多くの場合に、必要に応じて[[脳器官モジュールの研究開発]]に利用される。
  • 理論に基づくニューロコンピューティング.1444319819.txt.gz
  • 最終更新: 2015/10/09 00:56
  • by ymkw