bricaプロジェクト

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
最新のリビジョン 両方とも次のリビジョン
bricaプロジェクト [2022/05/03 13:49]
n.arakawa [BriCA プロジェクト]
bricaプロジェクト [2022/05/03 14:26]
n.arakawa [BriCA プラットフォーム]
行 5: 行 5:
  
 ===== BriCA プラットフォーム ===== ===== BriCA プラットフォーム =====
-BriCA プラットフォーム構成する主なソフトウェアとして以下があります +BriCA プラットフォームは、主な構成要素として以下の2つを持ちます 
-  * 言語([[BriCA言語]]体を参考にし認知アーキテクチャの枠組みを与えるための言語 +  * [[BriCAコア]]:[[脳アーキテクチャ中心仮説]] 基づき脳領域を模た機能モジュール間で数値ベクトルの信号をやりとりする実行環境 
-  * ア([[BriCAコア]]):BriCA の実行環境 +  * [[BriCA言語]]:アーキテクチャを記述する言語 
-詳細は以下のページを参照ください:\\ + 
-👉**[[BriCA プラットフォームの使い方]]**+脳型の[[認知アーキテクチャ]]開発のために作られたため、以下点で[[全脳アーキテクチャ]]の実装に適したものとなっています。 
 +  * 脳内の分散表現を模した数値ベクトル表現 
 +  * 脳内の信号伝達を模したメッセージパッシング 
 +  * 脳領域の階層性などーキテクチャの適切な構造表現が可能 
 +  * 脳と同様に領域間で逆誤差伝播を行わない。 
 + 
 +また、軽量でスケーラブル、マルチプラットフォームという特長があり、OpenAI Gymエージェント環境)をサポートするとともに、複数の機械学習フレームワークを混合して用いることもできます。\\  
 +BriCAで記述したコンポーネント(モジュール)は再利用されることが期待されます。 
 + 
 +[[BriCA言語]]では、記述したアーキテクチャをBriCAコアの実装に変換するインタプリタを提供しています。\\  
 +また、スプレッドシートで記述したアーキテクチャ(仕様書)をBriCA言語に変換するユーティリティも提供しています。 
 + 
 +詳細は以下のページを参照ください:**[[BriCA プラットフォームの使い方]]**
  
 ===== これまでの開発状況 ===== ===== これまでの開発状況 =====
  • bricaプロジェクト.txt
  • 最終更新: 2022/05/03 14:27
  • by n.arakawa