差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
最新リビジョン 両方とも次のリビジョン
wbaの歩み [2015/10/09 01:18]
ymkw
wbaの歩み [2015/10/09 01:18]
ymkw
ライン 1: ライン 1:
 ====== 全脳アーキテクチャの歩み ====== ====== 全脳アーキテクチャの歩み ======
 第一回勉強会前において、勉強会の名前を決める際には、[[一杉裕志]]氏は「全脳アーキテクチャ」、[[山川宏]]氏は「[[超脳知能]]」を主張していたが、[[松尾豊]]氏が「全脳アーキテクチャ」に賛成したことで今の名前に決定した。 第一回勉強会前において、勉強会の名前を決める際には、[[一杉裕志]]氏は「全脳アーキテクチャ」、[[山川宏]]氏は「[[超脳知能]]」を主張していたが、[[松尾豊]]氏が「全脳アーキテクチャ」に賛成したことで今の名前に決定した。
-当時、山川宏氏の研究は脳全体を扱うのではなく、計算機で未実現の計算処理を脳から学ぼうとする[[理論に基づくニューロコンピューティング]]を推進/強調する立場をとっていたため、脳全体をあつかう立場と共存させる意味で、超脳知能を主張していた。+当時、山川宏氏の研究は脳全体を扱うのではなく、計算機で未実現の計算処理を脳から学ぼうとする[[理論に基づくニューロコンピューティング]]を推進/強調する立場をとっていたため、脳全体をあつかう立場と共存させる意味で、[[超脳知能]]を主張していた。
 (参考:初回勉強会資料「[[http://​www.slideshare.net/​HiroshiYamakawa/​2013-1219ss|脳をガイドとして超能知能に至る最速の道筋を探る]]) (参考:初回勉強会資料「[[http://​www.slideshare.net/​HiroshiYamakawa/​2013-1219ss|脳をガイドとして超能知能に至る最速の道筋を探る]])