差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

wbaアプローチの実現性 [2015/10/08 18:09]
n.arakawa 作成
wbaアプローチの実現性 [2015/10/08 18:15] (現在)
n.arakawa
ライン 2: ライン 2:
 [[全脳アーキテクチャ・アプローチ]]を[[全脳アーキテクチャ中心仮説]]によって分解すると以下のような形になります。 [[全脳アーキテクチャ・アプローチ]]を[[全脳アーキテクチャ中心仮説]]によって分解すると以下のような形になります。
  
-<WRAP center round important ​80%>+<WRAP center round tip 80%>
 全脳アーキテクチャの工学的実現 = (1)[[複合機械学習]] + (2)[[脳型認知アーキテクチャ]] 全脳アーキテクチャの工学的実現 = (1)[[複合機械学習]] + (2)[[脳型認知アーキテクチャ]]
 </​WRAP>​ </​WRAP>​