差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
コネクトーム [2016/06/28 22:12]
kawamura
コネクトーム [2018/02/28 20:36] (現在)
n.arakawa
ライン 4: ライン 4:
 {{ :​300px-network_representation_of_brain_connectivity.jpg?​300 |}} {{ :​300px-network_representation_of_brain_connectivity.jpg?​300 |}}
  
-概要は [[https://​ja.wikipedia.org/​wiki/​%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A0|WikiPedia]] にもあるが、ざっと眺めるのに良さそうな Olaf Sporns 氏の2015年の講演資料「[[https://​www.google.co.jp/​url?​sa=t&​rct=j&​q=&​esrc=s&​source=web&​cd=2&​ved=0ahUKEwigmIG3oazLAhXB2aYKHYKABkUQFggoMAE&​url=http%3A%2F%2Fiadc.medicine.iu.edu%2Findex.php%2Fdownload_file%2Fview%2F253%2F292%2F80%2F&​usg=AFQjCNEAsX6e-EI7_uk_kr2C53T2v3T9LA&​sig2=7dlTg1t0bo--SlcEfxGmrg&​cad=rja|The Human Connectome]]」(PDF ファイル)がある。また、日本語の書籍としては、セバスチャン・スン氏の書籍「[[http://​www.amazon.co.jp/​%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A0-%E8%84%B3%E3%81%AE%E9%85%8D%E7%B7%9A%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%80%8C%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%80%8D%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8A%E5%87%BA%E3%81%99%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%82%BB%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B3/​dp/​4794221657|コネクトーム:脳の配線はどのように「わたし」をつくり出すのか]]」があり、主に静的な構造について解説している。+概要は [[https://​ja.wikipedia.org/​wiki/​%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A0|Wikipedia]] にもあるが、ざっと眺めるのに良さそうな Olaf Sporns 氏の2015年の講演資料「[[https://​www.google.co.jp/​url?​sa=t&​rct=j&​q=&​esrc=s&​source=web&​cd=2&​ved=0ahUKEwigmIG3oazLAhXB2aYKHYKABkUQFggoMAE&​url=http%3A%2F%2Fiadc.medicine.iu.edu%2Findex.php%2Fdownload_file%2Fview%2F253%2F292%2F80%2F&​usg=AFQjCNEAsX6e-EI7_uk_kr2C53T2v3T9LA&​sig2=7dlTg1t0bo--SlcEfxGmrg&​cad=rja|The Human Connectome]]」(PDF ファイル)がある。また、日本語の書籍としては、セバスチャン・スン氏の書籍「[[http://​www.amazon.co.jp/​%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A0-%E8%84%B3%E3%81%AE%E9%85%8D%E7%B7%9A%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%80%8C%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%80%8D%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8A%E5%87%BA%E3%81%99%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%82%BB%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B3/​dp/​4794221657|コネクトーム:脳の配線はどのように「わたし」をつくり出すのか]]」があり、主に静的な構造について解説している。
 少し進んで認知アーキテクチャとの関係については、Neuron に掲載された Steven 氏らの「[[http://​www.cell.com/​neuron/​abstract/​S0896-6273(15)00816-8|Brain Networks and Cognitive Architecture]]」(有料)が良い解説になっている。 少し進んで認知アーキテクチャとの関係については、Neuron に掲載された Steven 氏らの「[[http://​www.cell.com/​neuron/​abstract/​S0896-6273(15)00816-8|Brain Networks and Cognitive Architecture]]」(有料)が良い解説になっている。
  
ライン 11: ライン 11:
   * 神経科学でこれまでに明らかになっていない部位・相互作用が、知能の理解に重要な可能性があるため、コネクトームの知見は脳全体を等しく網羅している点で重要です。ただし、結合の強さが機能協調の強さと相関するかどうかは現在も議論が続いており、注意が必要です。   * 神経科学でこれまでに明らかになっていない部位・相互作用が、知能の理解に重要な可能性があるため、コネクトームの知見は脳全体を等しく網羅している点で重要です。ただし、結合の強さが機能協調の強さと相関するかどうかは現在も議論が続いており、注意が必要です。
   * [[http://​journals.plos.org/​ploscompbiol/​article?​id=10.1371/​journal.pcbi.1000334|コネクトームデータベースのレビュー論文]]   * [[http://​journals.plos.org/​ploscompbiol/​article?​id=10.1371/​journal.pcbi.1000334|コネクトームデータベースのレビュー論文]]
 +  * [[コネクトーム情報学]]