コネクトーム

コネクトーム(connectome)は、様々な生物種における神経系のネットワーク地図であり、2010年頃から研究が活性化している。ネットワークの各要素はニューロン、ニューロン群、領野などであったりする。 典型的なコネクトームは、下図のような静的な結合構造であるが、神経活動の相関などを通じて得られる機能的な関係性もコネクトームに含まれる。

概要は Wikipedia にもあるが、ざっと眺めるのに良さそうな Olaf Sporns 氏の2015年の講演資料「The Human Connectome」(PDF ファイル)がある。また、日本語の書籍としては、セバスチャン・スン氏の書籍「コネクトーム:脳の配線はどのように「わたし」をつくり出すのか」があり、主に静的な構造について解説している。 少し進んで認知アーキテクチャとの関係については、Neuron に掲載された Steven 氏らの「Brain Networks and Cognitive Architecture」(有料)が良い解説になっている。

  • コネクトーム(大域的な結合の情報)を直接、脳の機能と結びつけるのは難しいですが、どの部位が情報連絡のハブになっているかに関する知見を与えます。
  • 神経科学でこれまでに明らかになっていない部位・相互作用が、知能の理解に重要な可能性があるため、コネクトームの知見は脳全体を等しく網羅している点で重要です。ただし、結合の強さが機能協調の強さと相関するかどうかは現在も議論が続いており、注意が必要です。