コミュニティによるwba開発

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
コミュニティによるwba開発 [2015/10/10 00:15]
t.sato
コミュニティによるwba開発 [2018/03/14 16:19]
hitomisano
行 1: 行 1:
 ~~NOTOC~~ ~~NOTOC~~
 ====== コミュニティによるWBA開発 ====== ====== コミュニティによるWBA開発 ======
-[[コミュニティによるWBA開発]]は、WBAアプローチにおいて[[汎用人工知能]]への到達を加速する有力な選択肢と考えています。+コミュニティによるWBA開発は、WBAアプローチにおいて[[汎用人工知能]]への到達を加速する有力な選択肢と考えています。
  
-[[全脳アーキテクチャ中心仮説]]により、研究開発アプローチを[[脳器官モジュールの研究開発]]と[[脳型認知アーキテクチャ]]の研究開発の二つに分解できれば、多くのエンジニアにより①脳器官モジュールを分散共同開発することが可能になるためです。+[[全脳アーキテクチャ中心仮説]]により、研究開発アプローチを[[脳器官モジュールの研究開発]]と[[脳型認知アーキテクチャ]]の研究開発の二つに分解できることにより<wrap em>多くのエンジニアにより①脳器官モジュールを分散共同開発することが可能になり</wrap>、つまりはコミュニティによ開発が可能になります。
  
 こうした状況を創りだすためには、[[脳全体統合環境の開発]]として、[[機械学習結合環境]]や[[脳全体のモジュール構成情報]]などを準備する必要があります。これにより、個別に作られた脳器官モジュールが全体として動作し、さらにモジュールの共有/流通・組み換えが可能になります。 こうした状況を創りだすためには、[[脳全体統合環境の開発]]として、[[機械学習結合環境]]や[[脳全体のモジュール構成情報]]などを準備する必要があります。これにより、個別に作られた脳器官モジュールが全体として動作し、さらにモジュールの共有/流通・組み換えが可能になります。
行 10: 行 10:
  
 ==== 開発規模についての考察 ==== ==== 開発規模についての考察 ====
-[[コミュニティによるWBA開発]]の組織面での全体像としては、[[全脳アーキテクチャ中心仮説|全脳アーキテクチャ中心仮説]]における[[脳器官モジュールの研究開発]]の規模が圧倒的に大規模化することを期待しています。一方で脳器官モジュールを統合する[[脳全体統合環境の開発]]は脳全体の構造に学んだ認知アーキテクチャ(つまり[[脳全体のモジュール構成情報]])として、脳器官モジュールを統合するための[[機械学習結合環境]]の研究開発が必要となります。+コミュニティによるWBA開発の組織面での全体像としては、[[全脳アーキテクチャ中心仮説|全脳アーキテクチャ中心仮説]]における[[脳器官モジュールの研究開発]]の規模が圧倒的に大規模化することを期待しています。一方で脳器官モジュールを統合する[[脳全体統合環境の開発]]は脳全体の構造に学んだ認知アーキテクチャ(つまり[[脳全体のモジュール構成情報]])として、脳器官モジュールを統合するための[[機械学習結合環境]]の研究開発が必要となります。
  
 ==== コミュニティによるWBA開発とWBAIとの関わり ==== ==== コミュニティによるWBA開発とWBAIとの関わり ====
行 22: 行 22:
  
 開発的な側面が強い[[脳全体統合環境の開発]]については、研究者らにより組織的に推進されることは難しいため、[[WBAI]]において主導しようとしています。 開発的な側面が強い[[脳全体統合環境の開発]]については、研究者らにより組織的に推進されることは難しいため、[[WBAI]]において主導しようとしています。
 +
 +
 +====== WBAと社会 ======
 +汎用人工知能開発では、その実現に至るプロセスにおいて社会側からの理解や、実現後の社会システムの変化の予測など、WBAについて技術だけでなく、多角的かつ包括的な議論が必要である。
 +そのため、2018年3月からWBAIでも、汎用人工知能と社会、WBA&Societyの分野においても動きを促進します。
  • コミュニティによるwba開発.txt
  • 最終更新: 2018/03/14 16:19
  • by hitomisano