コミュニティによるWBA開発

コミュニティによるWBA開発は、WBAアプローチにおいて汎用人工知能(AGI)への到達を加速する有力な選択肢と考えています。

全脳アーキテクチャ中心仮説により、研究開発アプローチを脳器官モジュールの研究開発脳型認知アーキテクチャの研究開発の二つに分解できることにより、多くのエンジニアにより①脳器官モジュールを分散共同開発することが可能になり、つまりはコミュニティによる開発が可能になります。

こうした状況を創りだすためには、脳全体統合環境の開発として、機械学習結合環境脳全体のモジュール構成情報などを準備する必要があります。これにより、個別に作られた脳器官モジュールが全体として動作し、さらにモジュールの共有/流通・組み換えが可能になります。

図 1: User Generated Contentsのような形でのWBA開発を目指す

開発規模についての考察

コミュニティによるWBA開発の組織面での全体像としては、全脳アーキテクチャ中心仮説における脳器官モジュールの研究開発の規模が圧倒的に大規模化することを期待しています。一方で脳器官モジュールを統合する脳全体統合環境の開発は脳全体の構造に学んだ認知アーキテクチャ(つまり脳全体のモジュール構成情報)として、脳器官モジュールを統合するための機械学習結合環境の研究開発が必要となります。

コミュニティによるWBA開発とWBAIとの関わり

NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ(WBAI)においては、WBAアプローチのミッション・ステートメントを実現するために全脳アーキテクチャ中心仮説を起点として、

エンジニアを中心としたコミュニティにおいて、分散的かつオープンに開発をおこなうこと

を目指しています。この背景として、社会が汎用人工知能(AGI)技術のもたらす変化に備え、なおかつ、人類が技術の恩恵を共有しうる技術開発の姿が国際的に模索され始めていることがあります。そこで公益性を重視したNPO法人としては、上記のように開かれた研究開発コミュニティが主導した形で、汎用人工知能(AGI)が実現されることが人類社会にとって最善であると考えています。

開発的な側面が強い脳全体統合環境の開発については、研究者らにより組織的に推進されることは難しいため、NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ(WBAI)において主導しようとしています。

WBAと社会

汎用人工知能開発では、その実現に至るプロセスにおいて社会側からの理解や、実現後の社会システムの変化の予測など、WBAについて技術だけでなく、多角的かつ包括的な議論が必要である。 そのため、2018年3月からWBAIでも、汎用人工知能と社会、WBA&Societyの分野においても動きを促進します。