WBAI活動功労賞受賞者

このページでは、過去のWBAI活動功労賞受賞者の方々を紹介します。
本賞はWBAIの活動に大きな貢献をいただいた方に与えられます。

2020年受賞者

生島高裕

授賞理由:当法人の創設年(2015年)から勉強会やシンポジウムの実行委員長を歴任いただいたほか、WBA勉強会実行委員会(旧称:サポーターズ)の創設および、その活動の活性化や運営体制の改革などにおいて多大な貢献をいただいた。

2019年受賞者

櫻田剛史

授賞理由:当法人の創設時にNPO登記にあたっての所轄官庁との交渉、監査への立会などに貢献いただいたほか、その後の活動拡大にあたっての財務・法務・経営面などを含む多方面にわたって多大な貢献をいただいた。

2018年受賞者

門前一馬

授賞理由:関連するイベントの写真および動画の撮影、編集、公開を無償で行うなど、全脳アーキテクチャに関する広報に大きく貢献した。

2017年受賞者

佐藤健

授賞理由:当法人設立の母体である勉強会を支えるコミュニティサイトを設置運営し、当法人のウェブページの構築および管理運営を行い、さらに、広報委員長として賛助会員の獲得などに努めたことにより、多大な貢献があった。