BriCA プロジェクト

BriCA (Brain-inspired Computing Architecture) プロジェクトは、全脳アーキテクチャ・プロジェクト(WBAP) および NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ(WBAI) 内において進められている脳全体統合環境の開発活動の一つであり、コミュニティによるWBA開発を目指しています。

ここで開発されているソフトウェアが BriCA プラットフォームと呼ばれています。

本プロジェクトで開発中の機械学習結合環境の成果の一部については、将来的に NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ(WBAI) において標準化することが検討されています。

BriCA プラットフォームの主要な要素

BriCA プラットフォームで仕様検討や開発が行われている主要なソフトウェアとして以下があります。

  • 言語(BriCA言語):脳全体を参考にして認知アーキテクチャの枠組みを与えるための言語
  • コア(BriCAコア):BriCA の実行環境

これまでの開発状況

BriCA プロジェクトは全脳アーキテクチャ・プロジェクト(WBAP)の一部として2014年の夏頃から開始されました。

V0 開発(2014年11月〜2015年3月)

BriCA コアの Java 実装(プロトタイピング)を行いました。

V1 開発(2015年3月〜)

現状については BriCAコアおよび BriCA言語を参照ください。

参考文献