Blog

脳参照アーキテクチャ(BRA)データの記述マニュアルおよび具体例の公開

WBAIでは、脳型ソフトウェアの開発をガイドするための標準的な表記法として定義したBRA(Brain Reference Architecture)の記述マニュアルを公開しました。BRAは、脳のメゾスコピックレベルの解剖学的構造に、機能的な仮説や現象を付加した設計データであり、主にソフトウェアの構造仕様を提供するものです[1]。

さらに、BRAデータの具体例もあわせて公開しました。これは、海馬体の神経回路に整合的にナビゲーション機能を記述した論文[2]に関連するBRAデータの審査前バージョンです。(* WBAIによる審査を経て正式版となります .)

  • 海馬体のBRAデータ(審査前版): HPF.bra

BRAデータは、私たちWBAIが推進する全脳アーキテクチャによる汎用人工知能の構築を具現化する「BRA駆動開発」において中心的役割を担っています。近い将来、CUDOS (*1),の精神に沿って脳全体のBRAデータを蓄積することで、脳から着想を得た汎用人工知能のオープンな開発を推進することが可能になるでしょう。これは、私たちのビジョンである 「人類と調和した人工知能のある世界」に貢献するものと考えております。

 (*1) CUDOSとはCommunalism, Universalism, Disinterestedness, Organized Skepticismの頭文字をとったもので、R.K.マートンが提唱した科学界のエートスです。

参考文献

  • [1] Yamakawa, H. (2021). The whole brain architecture approach: Accelerating the development of artificial general intelligence by referring to the brain. In arXiv [cs.AI]. arXiv. http://arxiv.org/abs/2103.06123
  • [2] Taniguchi, A., Fukawa, A., & Yamakawa, H. (2021). Hippocampal formation-inspired probabilistic generative model. In arXiv [cs.AI]. arXiv. http://arxiv.org/abs/2103.07356