全脳アーキテクチャ・アプローチ

全脳アーキテクチャ・アプローチは、以下のミッション・ステートメントを掲げる研究アプローチです。

【ミッション・ステートメント】

   脳全体のアーキテクチャに学び人間のような汎用人工知能を創る(工学)

全脳アーキテクチャ・アプローチでは、全脳アーキテクチャ中心仮説にしたがって、脳全体の仕組みに学び、機械学習を組み合わせた認知アーキテクチャを構築します。

既存アプローチとの違い

関連事項

ミッション・ステートメントの遷移

現在のミッション・ステートメントは、2015年8月12日の第15回全脳アーキテクチャ・プロジェクト(WBAP)研究打ち合わせ(第4回WBAI運営委員会)において合意されたもので、WBAPおよびWBAIにおいて支持されています。それ以前のミッション・ステートメントは「脳全体のアーキテクチャに学び人間並みの汎用人工知能を創る(工学)」です(2015年2月6日の第10回WBAP全体会で合意)。