以前のリビジョンの文書です


NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ(WBAI)

特定非営利活動法人全脳アーキテクチャ・イニシアティブ(略称:WBAI)は、公益的な立場からWBAアプローチの発展を推進する組織であり、WBAアプローチのミッション・ステートメントに沿い、公益性に反しない範囲で多様な研究開発を支援します。NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ(WBAI)ではオープンなコミュニティによるWBA開発を重視しています。これは、私達の社会が汎用人工知能(AGI)技術のもたらす変化に備えるためには、技術の進展を社会で共有し啓蒙しうる開発形態こそが、国際的な公益性に沿ったものであると考えているからです。

設立までの経緯

NPO法人を設立する構想は、2014年12月26日(木)に開催された第9回WBAP全体会にて合意されました。
その後、2015年4月6日(月)にWBAI設立総会が開催され、2015年8月21日に創設されています。

設立の目的

  • 長期継続・・・・・ 完成時期(2030以降)に向け、継続的な目標を堅持する。
  • 公益性・・・・・・ 研究成果を論文発表などで公開する。(※ソフトウェアはオープンライセンスが基本)
  • 関連分野連携・・・ AIを軸に神経科学、認知科学、機械学習等複数の学術分野の交流を促進する。
  • 人材育成・・・・・ WBA研究開発に必要な複数分野の知識を備えた人材を育成する。
  • 基盤研究・・・・・ 機械学習結合環境の構築、汎用技術の評価法、シミュレータ/データの準備等の研究環境を構築する。
  • 啓蒙活動・・・・・ 次第に隠蔽される最先端AI技術の透明化により、人々がAIと歩む未来を創出する素地を醸成する。

公式サイト